漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『パンプキンナイト』ネタバレ1巻結末。|【スプラッター惨殺魔の復讐劇がヤバい!】

スポンサーリンク
パンプキンナイト

『鬼畜島』という

スプラッター系漫画を読んで

グロさと残酷さで

最初はドン引きでしたが

スリル感とスピードの速さで

どんどん話が進みハマってしまいました。

 

その原作者である、外薗昌也さんの新作、

 

パンプキンナイト

 

を電子書籍サイトの

ハンディコミックで読みました。

 

漫画『パンプキンナイト』は、

『鬼蓄島』同様に読んでいて、

ある意味感動したり、涙しますが、

基本、読んでいて気分は良いものでは

ありません。

 

読む際は覚悟してください。

 

⇒ハンディコミック

※「パンプキンナイト」で検索するとでてきます。

 

激ヤバなグロいシーンばかりが続きます。

この漫画の内容は、

舞台となる高校でイジメられていた

”変わり者”の桐乃尚子という女子が、

 

ハロウィンの日を境に

イジメが原因で気が狂ってしまい

精神病院に入院します。

 

その後、尚子は

大きなパンプキンを頭から被り、

精神病院のスタッフを皆殺しにして

病院を脱走します。

 

脱走後、尚子は

同級生たちや先生の

頭や体をバサバサと切って

次々と殺していくのですが、

 

その殺し方が

とにかくめちゃくちゃで

内臓や目玉が飛び出したりで

かなりグロいです。

 

そして1巻の最後には、

殺した女子生徒の葬儀中に、

袋詰めにしてボコボコにした女子生徒を

棺おけに入れて生きたまま火葬場で

焼き殺すシーンは激ヤバです。

 

⇒ハンディコミック

※「パンプキンナイト」で検索するとでてきます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。