漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『家なき人~貧困主婦~』まるいぴよこ真面目に生きるほど損をする?不公平過ぎる世の中に苦しむ主婦の実話。

スポンサーリンク

一般の女性読者から投稿される、

世の中の不条理や、女同士の醜い争い、

人には言えない秘密などをリアルに漫画化した、

ストーリーな女たちシリーズ。

 

今回紹介する物語は、

貧困に悩み途方に暮れる主婦の話、

 

家なき人~貧困主婦~

 

です。

 

この話の投稿者である

山下恵子(仮)は結婚後、

旦那が失業し、ギャンブルや酒に溺れ

人が変わってしまいDVまで

振るわれるようになりました。
離婚にも応じてもらえず

当初は恵子がパートで家計を支えていたものの、

妊娠・流産を経て限界を迎え、

給料暇と同時に少ない金銭と保険証を持って、

東京に逃げてきました。

 

しかし、

 

保険証では身分証明書にはならず

保証人もない恵子は住む場所も

仕事も見つけることができず、

挙げ句の果てには、

ほぼ全財産をいれていたカバンを

置き引きされてしまいました。

 

途方に暮れていた時、

香という女性に出会い

ネットカフェの使い方や日雇い労働の登録の仕方など、

今の恵子に必要な生きる術を教えてもらうことができ、

恵子のネットカフェ生活がスタートしました。
8時間働いても

ネットカフェに毎日支払いを続けると

手元に残るのはわずかなうえ、

十分に疲れの取れない毎日に

恵子はどんどん疲弊していき、

 

仕事も決まらず、

いつ病気をしてホームレスになってしまうか

という不安にかられていました。

 

そんな時支援団体の存在を知り、

仲良くなっていた香に相談するも

そんなものあてにならないと

あしらわれてしまいます。
しかし香が体調を崩し、

保険証すら持っていない香は

病院にも行けないため恵子は一人、

支援団体に助けを求めると

恵子はDV被害者として支援ができるものの

香は難しいこともわかりました。
戻った恵子は

そのことを話しどうにか

支援を受けながら貯めたお金を

もとに二人でアパートを借りて

一緒に暮らさないかと提案するも、

次の日お金を香に

持ち逃げされてしまいます。

 
ようやく支援を受ける決心がつき、

なんとか新しい暮らしを始めた恵子ですが、

 

貧しさからは

そう簡単に抜け出せないのが

現実です・・・。

 

こんな風に真面目に生きているのに

貧困に苦しむ女性が数多くいるということを知り、

読んでいて辛くなりました。

 

自分もこれから生活できるのか?

どうか不安になってきました。
ネットカフェ生活が続くと

抜け出すのも大変になり

その不安も計り知れないものだと思います。

 
支援団体の存在はまだまだ知られていないので

一人でも多くの方が支援を受けられる社会に

これらか変わっていけばいいなと思います。

 

これから生きていく上で

とてつもない不安にかられる漫画なので、

あまり読むことはオススメできません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。