漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『死役所』あずみきし。ネタバレ|【この世のクズは、あの世でもとことんクズ。】

2016.12.23

2件

スポンサーリンク
%e6%ad%bb%e5%bd%b9%e6%89%80

こんにちわ。

漫画ヲタ主婦のセイラです。

 

死んだ人が天国か地獄か、それとも彷徨うのか?

その道へ行く前に

手続きをしなければならない場所があります。

それが、

”死役所” 

です。

 

%e6%ad%bb%e5%bd%b9%e6%89%80

 

漫画”死役所”は、電子書籍サイトの

ハンディコミックで読みました。

 

この死役所では、

あの世へいく申請書を書かなければなりません。

死んだ理由が残酷なものであっても、

美しいものであってもです。

 

ここの受付案内人のシ村と、

死役所にやってくる人々との物語が

この漫画で描かれています。

 

⇒ハンディコミック

※「死役所」で検索すると出てきます。

 

死役所でジャッジされる死んだ後のこと

コンビニで落とした商品を

お客さんに拾わせ、更に容器が割れているのに

そのまま袋詰め。

 

更に怒られたことも

理解できないという感覚の鈍さ。

最終的には逆ギレして

バイトを辞めるという始末。

売上がうなぎ上りのコンビニなのに、

そんな最低な男が働いていました。

 

更にその男は、

道を歩いている小学生の列に

車で突っ込み5人もの子供を殺します。

わざわざ子供を狙い、

どれだけ殺せるかゲーム感覚という人間でした。

 

極悪な殺人犯でも死ねば役所勤め

男は当然死刑になりましたが、

驚くことに死役所の役員さんは

死刑者でなければなれないとのことで、

つまり男にも、

役員になる資格があるというのです。
普段は終始ニコニコと

「お客様は仏様ですから」と

相手の精神を逆なでするような

言動をするシ村さんですが、

そんなシ村さんも

死刑になるほどの犯罪を犯したということです。

 

そして、子供に対して可哀想で

涙を流すようなイシ間さんも

死刑になるほどの罪を犯したのです。

 

彼らの過去に一体何があったのか?

ものすごく気になるところです。

 

⇒ハンディコミック

※「死役所」で検索するとでてきます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。