漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

ストーリーな女たち~子連れデリヘル嬢~・皮肉の家ネタバレ|【継父から受ける性的虐待の日々と母親への暴力が酷過ぎる】

スポンサーリンク

 

こんにちわ。

 

 

ブログ管理人の電子書籍にハマる主婦、リンです。

 

 

電子書籍のまんが王国で読んでいる、

 

 

一般読者からの投稿による、現実に起きた女性たちが体験した、生々しい現実を漫画化した、” ストーリーな女たちシリーズ ”

 

 

この中に出てくる話のすべてが現実に起こっている事だと考えると驚きの連続で、

 

 

人間が持つ闇の部分がダイレクトに伝わってきて恐くなります。

 

 

※過激な暴力シーン、虐待シーンが多くでてくるので、読む際は心の準備をお願いします。

 

 

 

 

皮肉の家

 

 

新聞をめくれば子供のイジメ、自殺、継父による子供への暴力殺害事件・・・

 

 

美幸さん(28歳)は、それらの記事を目にするたびに生き地獄だった自分の少女時代を思い出し、

 

 

身が震えるのです・・・。

 

 

美幸の母親が父親と離婚したのは美幸さんが小学校4年生の時で、妹の千里さんが3歳の時でした。

 

 

幼かった自分たちを育てるため母親は慣れないホステスの仕事をはじめ、毎晩帰宅するのは真夜中過ぎ。

 

 

帰ってきた母親の身体に染みついた酒とタバコの匂いが記憶に残っていて、

 

 

疲れ果てて帰ってくる母親の寝顔を見ると幼いながらも罪悪感を感じていたので
す・・・

 

 

ある日、母親は店の常連だという男を連れてきました。

 

 

その男に何かいいようのない嫌悪感を感じていた美幸さんでしたが、

 

 

男と一緒にいる時の母親はすごく幸せそうで、彼と再婚することに対して反対するこはできませんでした。

 

 

そして継父との生活が始まりますが、

 

 

思春期を迎えていた美幸さんにとって、トイレが一緒だったり、洗濯物が一緒だったりと共同生活に違和感を感じていて、

 

 

 

数ヶ月もしないうちに継父の本性が露わになってきました。

 

 

 

継父は仕事にもつかず一日中家でお酒を飲んでいるかパチンコやギャンブルばかり
で、

 

 

母親はやむなくホステスの仕事を続けていましたが、

 

 

「金くれよ金ェ!! 小遣い足りねェんだよォ!!」

と美幸さんと千里さんの目の前で母親は顏面を灰皿でおもいっきり殴られますが、

 

 

 

母親は、「ごめんなさい、もっと稼いでくるから・・・」と血まみれの顏で継父に謝ります。

 

 

さらに・・・

 

 

美幸さんが夜寝ていると裸になって布団の中に入り下半身の匂いを嗅ぎに来たり、

お風呂に入っている時を狙って、脱いだばかりの下着の匂いを嗅ぎに来たり、

 

 

 

継父の行動はどんどんエスカレートしていくのです。

 

 

 

母親に継父のことを相談しようとしても、母親は、

 

 

「あの人にもいいとこあるのよ?おの人といるとホッとするの」と言うだけです。

 

 

その後も継父の行動に拍車がかかり、母親が仕事でいない日を見計らって、

 

 

美幸さんにセックスを強要し、少しでも逆らえば殴られ、蹴られ、

背中にタバコの火を何か所も押し付けられるのでした。

 

 

 

そんな地獄のような日々が続いていき、

 

 

いつしか継父から受ける卑劣な虐待に身も心も限界に達した美幸さんは継父に殺意を抱くようになっていきました・・・

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。