漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

【まんが王国先行配信】『監禁嬢』ネタバレ。|極悪非道の”新潟少女監禁事件”実際の監禁事件もヤバい。

2016.12.09

9件

スポンサーリンク
%e7%9b%a3%e7%a6%81%e5%ac%a2

こんにちわ。

漫画を愛する主婦、

ブログ管理人セイラです。

スマホでいつもこっそり

漫画を読んで楽しんでいます。

 

スマホで漫画が読める

電子書籍サイトのまんが王国で読んだ、

 

監禁嬢(かんきんじょう)

 

”監禁”と言えば、

女性が被害者になるケースが

圧倒的に多いですが、

 

漫画「監禁嬢」の場合は、

女が男を拉致監禁し、

エロいことやりたい放題するという、

男女逆パターンの話です。

 

%e7%9b%a3%e7%a6%81%e5%ac%a2

 

そして、

実際世の中で起きてい誘拐や

拉致監禁事件で狙われるのは

20代以下の少女が主ですが、

この話の場合は高校教師の成人男性です。

話の内容は、かなりエロくて

危険な内容になっているので注意です。

 

⇒まんが王国

※「監禁嬢」で検索すると出てきます。

 

本編と関係ないけど、新潟少女監禁事件の全貌

実際に世の中で起きている

様々な監禁事件の中でも、

私の記憶に残っているのが、

新潟で起きた拉致監禁事件です。
新潟少女監禁事件では

当時9歳の少女が加害者佐藤宣行(21)によって

約9年2ヶ月監禁される事件がありました。
犯人は引きこもりで不潔恐怖症でもありました。

 

1990年下校途中の女児に

ナイフをつきつけて脅し、

車のトランクに押し込め自宅に連れ込むと

数十回少女を殴打し、言うことを聞くように

さらにナイフを突きつけ脅しました。

 

女児を自室のある2階に監禁した佐藤は

1階に母親がいるため大きな声を立てるなと

少女に厳命したそうです。

 

佐藤の外出中は少女を

厳重に縛って逃げられないようにし、

少女が泣いたり、反抗すれば容赦なく

顔や頭を殴りました。
常にベッドの上にいるように指示し、

部屋から一歩も出さない徹底ぶり。

 

風呂にもトイレにも行かせず、

大小便はビニール袋の中にさせていました。

母親に買いに行かせたスタンガンを

少女の体に押し当てて放電するといった暴行もしており、

悲鳴をあげるとまた殴られるので

少女は声を挙げないように必死に耐えるようになっていました。
着替えは1年か2年ごとに

佐藤が万引きしたものを着せられていました。
食べ物も最初は佐藤の母親が

作ってくれていた夜食でしたが、

だんだんとコンビニおにぎりになり、

更に1日2個から1個へと減っていきました。
虐待の一方で男は、

女児にマンガや新聞、テレビ、ラジオなどの内容や

男の嗜好する事柄については

少女に教え語り合うことを好んだと言います。
この事件が発覚したのは、

母親が佐藤の暴力に耐えられなくなり、

精神病院で入院させてくれるように

頼んだことがきっかけでした。

 

死ぬよりまし・・・耐え抜いた監禁生活。

医療関係者や保険職員など

7名が被疑者宅を訪れ、

ようやく少女が発見されました。

佐藤は少女を友達だと思っていたと語っています。

 

友人のいなかった佐藤にとって

自分の趣味を話せる少女との対話は

とても心地のいいものだったのでしょう。

 

しかし、

 

少女にとっては恐怖でしかなく、

ご機嫌取りに必死だったことでしょう。
事件が発覚しなかった要因は

母親が佐藤に制御されていたことと、

佐藤がもともと精神疾患があったこと。

 

女児の服などに関しては

足がつかないように万引きしていたこと。

そして、

少女自身が逃げる意思がなかったことにあると思います。
事件概要を見る限り、

前半の躾のような行為に対し、後半従順になった少女に対しては

死んでも逃げたいと思うような

酷いことをしなかったのでしょう。

 

少女も死ぬよりはましだと耐えて

人間の順応とは時に恐ろしいものです。

 

⇒まんが王国

※「監禁嬢」で検索するとでてきます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。