漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

【あらすじ・感想】『死役所』1巻無料。|追い詰められるイジメ。

2016.12.22

1件

スポンサーリンク
%e6%ad%bb%e5%bd%b9%e6%89%80

 

こんにちわ!

 

 

セイラです。

 

 

死んだ人が天国、地獄へ行く前に手続きをする場所が描かれている漫画、 ”死役所”

 

 

死役所にやってくる様々な事情で死んでしまった人たちのドラマと、

 

 

死役所の受付案内人の、シ村とのやり取りが笑いあり、涙あり、ムカつきありで面白いんです!!

 

 

 

イジメを苦にマンションの屋上から飛び降り自殺した中学性の鹿野太一が、死亡申請書に自殺の理由を詳しく書くようシ村から求められるシーンがありました。

 

 

 

最初は素直に書いていましたが、辛いことを思い出し、

 

 

 

「自分は楽になりたいから死んだのに何でこんなことを!!」と言いました。
確かにその通りだと思います。自殺した人間の多くは楽になりたいがためです。

 

 

 

自分に与えられる外部からの攻撃から逃れるためです。そしてその逃れる方法を考えることすら面倒で、

 

 

 

過労で死にたいと思っていた方はホームに来る電車を見てホームに飛び込めば天国だと一気に気が晴れて飛び込みそうになったことを語っていました。

 

 

 

その時は過労で体が上手く動かず転んでしまったので正気に戻りましたが、自殺をする人はそれほどまでに追い詰められているということです。
よく死ぬぐらいなら死ぬ気で立ち向かえばいいのにと言う人がいますが、そんな気力も沸かないのがいじめです。

 

 

 

私は死ぬ気で立ち向かっていけ派なのですが、立ち向かって逆に異端児扱いされた人が居た記憶があります。

 

 

 

学校でいじめグループにやり返したら学校側が大きな問題にし「やり返した方が悪い」と言い放ったんだとか。
今の時代は人の心や命に関心がなさすぎるように思います。

 

 

 

だから周りに相談しても何も変わらない。無駄だと、皆世界に絶望して死んで行くのではないかと。

 
昔はヒーローが現れることもありました。「いじめなんてやめよう」と声を上げる人間が。
しかし、今の時代はいじめる側に立つ人間、便乗する人間、傍観する人間に分かれてしまいました。

 

 

 

その理由として仲間意識の欠如が挙げられると思います。他人に無関心。自分には関係ないから。

 

 

 

こうしていじめは見過ごされ自殺者は増えていくのだと思います。
相談所などもありますが、言葉でのアドバイスでどうにかなるほど今のいじめは簡単ではないと思います。

 

 

 

ネットで様々な情報が得られるようになったことは、悪い情報も得られやすくなってしまっています。ラインのいじめなど今の時代の典型的な例ですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。