漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『新・児童養護施設の子どもたち』1巻ネタバレ結末。

スポンサーリンク
こ

電子書籍サイトの

まんが王国で読んだ、

児童虐待の現実が描かれている

 

新・児童養護施設のこどもたち

 

この物語に登場する

幼い擁子ちゃん

母親に虐待されながらも、

母親に好かれたい一心で

健気に暮らしていました。

 

部屋はゴミだらけで

お風呂にもまともに入れません。

雨の日にさえも長靴を履かせてもらえず、

びしょ濡れのまま

保育園に連れて行かれる・・・

 

擁子ちゃんは

そんな残酷な生活を送っていたのです。

 

⇒まんが王国

※「新・児童養護施設の子どもたち」

で検索するとでてきます。

 

%e5%85%90%e7%ab%a5%e9%a4%8a%e8%ad%b7

 

自我を貫く虐待シングルマザー

自宅と保育園の差に疑念を覚えながらも、

幼い擁子ちゃんには

母親に怒られないようにするほか、

どうすることもできずにいました。

 

そんな中、母親が交際相手との間に

子どもを作ったため風俗の仕事をやめ、

擁子ちゃんは保育園に行けなくなってしまいました。

さらに母親は

妊娠によるストレスが爆発し、

擁子ちゃんを家に残したまま

自宅に帰ってこなくなり、

 

たまに帰ってきても食べ物を置いて

すぐに出て行ってしまいます。

 

そして、擁子ちゃんの心も体も

限界が近づいていたある日、

保育園の先生たちが訪問しにきますが、

 

インターフォンが母親の手によって壊されていて

助けを求めることができず、

擁子ちゃんは餓死寸前になっていました。

 

⇒無料で試し読みはコチラ

 

読んだ感想は?

ページを追うごとに、

擁子がどんどん痩せ細っていく姿が痛々しくて、

それでも母親のことを憎いと思うこともなく、

待っていて本当に心が痛みました。

 

テレビで虐待死のニュースを見ても、

亡くなった子たちがどんな生活を強いられていたか?

そこまでは知ることはできません。

 

なので、この漫画を見て

こんなにひどい毎日を送ることが

当たり前になっていたんだと思うと

胸が締め付けられます。

 

母親は男を作っては節操なく

体の関係を持って、妊娠して子供を作って、

結局産んだばかりの赤ちゃんを

置き去りにして姿を消します。

反省することも無く、

ただ同じことを繰り返すだけです。

 

悲惨な思いをする子供たちが

一人でも減ることを祈ってやみません。

 

⇒まんが王国

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。