漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『新・児童養護施設の子どもたち』ネタバレ|【自分の子供を育児放棄する身勝手な母親が酷過ぎる!】

スポンサーリンク
こ4

こんにちわ。

ブログ管理人の

主婦・リンです。

 

電子書籍サイトの

まんが王国で読んだ、

前作、『児童養護施設の子どもたち』を読んで

児童虐待と、施設で暮らす子どもたちが

背負う辛すぎる現実が描かれていて衝撃を受けました。

 

その続編となる、

『新・児童養護施設の子どもたち』

の内容もまた酷いものでした。

 

%e5%85%90%e7%ab%a5%e9%a4%8a%e8%ad%b7

 

⇒まんが王国

※「新・児童養護施設の子どもたち」で

検索するとでてきます。

 

鬼畜なシングルマザーの虐待が酷い!

擁子ちゃんの母親は、風俗(ソープ)で働いていました。

なので家でお風呂に入りません。

 

住んでいる家は、

ゴミだらけで壊れた家電製品で溢れていました。

擁子は保育園に通っていましたが、

母親からは着替えも準備してもらえず、

いつもボロボロな服を着ていました。

 

保育園に通っているときは

給食があって、お昼ご飯は食べれていましたが、

それ以外で

お腹が空いた時には、

部屋に溢れたゴミ袋から

食べ物を探して食べる

という日々でした。

 

母親は、気に入らないことがあると

理不尽に擁子に暴力をふるっては、

幼い擁子にいうことを聞かせていました。
母親が仕事を辞め擁子ちゃんが

保育園に行かなくなってから、母親は家に帰ってこなくなり、

時々食事を持ってくる以外は

一人きりで部屋で留守番をしていました。

母親が帰ってこないのは、

嫌われたせいだと思い、

擁子ちゃんは寂しくていつも泣いていました。
そんな毎日で

みるみる痩せこけていく擁子ちゃん。

 

一方で母親は、交際相手ができて

妊娠をしたためますます家に帰る頻度が

少なくなっていきました・・・。

 

⇒まんが王国

 

虐待が酷過ぎて読んでいられない。

こんなにも身勝手は親がいるでしょうか?

 

この漫画を読んだら、

怒りと複雑な感情が込み上げてきました。

親の身勝手な行いで、罪のない子供たちが

こんな目にあっているなんて、

今回も本当に目を覆いたくなる話です。
私自身も小さい子供がいます。

小さな子供は本当なら家の中を走り回り、

たくさん遊んで怒って、泣いて笑って育っていくものです。

 

擁子ちゃんはそのどれもできずに、

ひたすら我慢をして毎日過ごしています。

子供にとって親は絶対的存在です。

 

擁子ちゃんもまだまだ

親の助けが必要なほど小さな年齢なのに、

ゴミだめの中で食べ物を

ゴミの中から探して凌いでいるなんて、

本当に心が痛みました。

 

このような子たちが実際にいるということを、

わたしたちはもっと知らなければいけないし、

手を差し伸べてあげられるように

しなければいけないなと強く思いました。

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。