漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『愚者の皮~チガヤ編~』1巻2話無料あらすじ。|【籠妻】

スポンサーリンク

%e7%9a%ae

 

2話 籠妻

外へ一歩も出ず、

他の男ともしゃべらないという

約束をしたチガヤでしたが、

 

8人の兄たちがやってきて

家に入れたとたんに

襲いかかっきてレイプされます。

 

家の窓を開け、兄弟とは言え

男を家の中に入れたことに激怒したセキは、

チガヤを地下室に閉じ込めました。

 

セキは憎しみを込めてついた餅と、

甘酒を地下室にいるチガヤに与えますが、

チガヤは食べません。

 

セキはチガヤを閉じ込めたことに

幸福を感じていました。

これで他の男に奪われる心配も

みだらな目で見られる心配もないと。

 

セキはチガヤにこの一帯の綿という綿を

買い集めて地下室に敷き詰め、

手触りの良い物はすべて買い、

香りの良い物もすべて与え、

陽の光の代わりに輝く宝飾で

全身を包むことを約束します。

 

でも、

 

チガヤはそんな事は

セキにはできないと言い返します。

チガヤはふもとの街の住人たちから、

セキは幼少の頃傷ついて弱っている兎や

鳥を見つけては治してあげていたことを聞いていて、

 

セキは心が優しい少年であったことを知っていました。

しかしそれは、

 

セキはその兎や鳥たちの怪我を

治し逃がしたのではなく、

 

すべて籠に入れ地下室に置き

動物たちの自由を奪っていて、

その名残で、

地下室には無数の

籠が散乱していました。

 

セキは昔から自分が手に入れたいものは

すべて地下室に閉じ込め、

支配することに喜びを感じていたのでした。

 

セキの異常な束縛体質に

堪忍袋の緒が切れたチガヤは、

この地下室からの脱出を計画するのでした。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。