漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『外道の歌』4巻ネタバレ|【”朝食会”榎加世子の意外な過去と鶴巻裕との接点がヤバい。】

スポンサーリンク
げ

漫画『外道の歌』は、

凶悪犯罪に巻き込まれた

被害者やその遺族たちが

その犯人たちへの復讐を代行する

復讐屋”カモメ古書店”

カモとトラがグロくてエグい復讐劇を

展開していく話です。

 

それに対して、

被害者や遺族に直接復讐させる

ことを支援している”朝食会”という

団体がでてきます。

 

この朝食会の代表・榎加世子と、

加世子の側近、鶴巻裕との

ヤバ過ぎる過去が4巻で明らかになってきます。

 

⇒4巻無料試し読みはコチラから

※「外道の歌」で検索すると出てきます。

 

衝撃の展開!4巻26~30話

『外道の歌』には

いつもニュースなどで

よく見ている犯罪が出てきて

どの話もリアル感がヤバいです。

 

4巻で、朝食会代表の榎加世子が

小学生の頃、男に拉致監禁され

性的虐待を受けていた

という過去があることに驚きで、

 

さらに、

 

小学生の加世子を監禁していた、

ロリコン変態親父が、

鶴巻の父親だったという

衝撃の展開になります。

 

電子書籍サイトの

ハンディコミックでは、

その衝撃の4巻冒頭部分が

無料で試し読みできます。

 

⇒ハンディコミック

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。