漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『外道の歌』4巻ネタバレ。|【”朝食会”の原点。榎加世子と鶴巻裕タッグ誕生秘話。】

スポンサーリンク
げ

凶悪犯罪の被害に遭った

遺族や被害者の復讐代行屋、

”カモメ古書店”。

 

カモメ古書店の店長・カモと、

その相棒のトラが毎回、

残酷でグロい復讐劇を繰り広げる漫画、

 

外道の歌

 

4巻では、

復讐代行のカモとトラと対極な

依頼者の復讐を支援して、

本人自身に復讐を実行させる団体”朝食会”

 

ついに!!

 

その代表である榎加世子

そのパートナーである、無口で強靭な肉体と

異常すぎるほどの腕力を持つ鶴巻裕の、

タッグが誕生する話が展開されています。

 

漫画『外道の歌』の4巻を

電子書籍のハンディコミックでは

無料で試し読みできます。

 

⇒ハンディコミック

※「外道の歌」で検索するとでてきます。

 

26話~30話。ついに明らかになる衝撃過ぎる2人の過去。

電気メーカートップの

ENOKIグループの令嬢、

朝食会代表の榎加世子。

 

彼女は小学生の頃、

拉致監禁され性的虐待を受けた

という過去がありました。

 

その犯人が、

なんと加世子と行動を共にする

朝食会の鶴巻裕の父親だったのです。

 

鶴巻は小学生の頃自宅の離れで、

布団にくるまった自分と同い年くらいの

加世子を目撃し、助けを求めた加世子を

無視してしまった罪悪感と、

 

父親が犯罪者になったせいで

世間から常に後ろ指刺され、

人生が崩壊したことを恨みながら

生きていました。

 

事件から8年が経ったある日、

成長した加世子が鶴巻の前に

現れます。

 

鶴巻はネットやニュースで

加世子の名前は度々目にしていたため

すぐわかりました。

鶴巻は8年前、加世子を見捨てた罪悪感から

すべて彼女の言いなりとなります。

 

鶴巻は加世子の祖父が経営する

ビルの一室に住むことになり、

その日から、

加世子の鶴巻を利用した

謎の計画が始まるのです。

 

⇒無料試し読みはコチラから

※「外道の歌」で検索するとでてきます。

 

”朝食会”加世子の恐ろしい復讐計画。

カモメ古書店の

元地下格闘技チャンピオンのトラ

苦戦するほどの鶴巻裕の強さ。

 

見た目は地味で無口な鶴巻が

何故、強いのか?

その謎も4巻で明らかになります。

 

自分を拉致して監禁して

性的虐待を繰り返した

ロリコン変態親父の息子に

あえて接触した、加世子。

 

被害者やその遺族たち自身に

復讐させる朝食会の代表となった

加世子の計画が、恐すぎます。

 

⇒ハンディコミック

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。