漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『バカレイドッグス』ネタバレ|【無免許天才医師の患者は全員犯罪者!】

スポンサーリンク

こんにちわ。
サイト管理人の

セイラです。

 

ヤングマガジンで連載されている

体に傷を負った凶悪犯罪者たちがやってくる、

路地裏の闇医者の物語、

 

バカレイドッグス

 

がかなり面白いです。

 

アングラ、バイオレンス系漫画なので、

激しい暴力シーンや、グロいシーンが

多く出てくるので読む際は

注意してください。

 

この漫画は電子書籍サイトの

ハンディコミックで読みました。

 

⇒ハンディコミック

※「バカレイドッグス」で検索するとでてきます。

 

1話 2匹の犬と1人の人間。

路地裏でひっそりと暮らす

無免許の天才医師犬堂辰次(兄)とその弟。

 

幼い頃から両親がいなかった2人は

チワワを30匹飼っていて

言うことを聞かないチワワは

ハンマーで殴り殺すという老婆の元で

1回の散歩で100円をもらう

酷い仕事をしていました。

 

辰次は父親の借金が原因で

土佐組というヤクザに

捕らわれていた看護師の女

自分の助手として買い取ります。

 

女がやってきた日、

片腕を切られたヤクザの男が

辰次たちの場所にやってきて、

腕を繋げて欲しいと依頼されます。

 

辰次たちは前金制で、

口座に入金された時点で、

手術をすると決めていて、

辰次の弟はお金の管理をしている

保険屋の役目です。

 

そして、

 

いざ手術が始まると、

看護師の女は、

大学病院でも見たこともない

辰次の何時間経ってもぶれない

手のスピードに驚愕します。

 

⇒無料試し読みはコチラから

 

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。