漫画ヲタ主婦が様々なジャンルの漫画を紹介していきます♡

『キモコワな彼女~母性のない女~』あらすじネタバレ|【アルコールの魔の手が忍び寄る。お酒好きの主婦を襲う依存症の恐怖。】

スポンサーリンク
きも

こんにちわ。

漫画大好きアラフォー主婦、

サイト管理人のセイラです。

 

女性読者からの投稿による

実体験にもとに漫画化されている

ストーリーな女たち 

 

電子書籍サイトのハンディコミックで

いつも読んでいます。

 

ストーリーな女たちの内容は

ノンフィクションなだけあって、

女の愛憎劇や進むべき道を踏み外した女性たちの

体験談がリアルに描かれています。

 

読んだあとに、嫌悪感、罪悪感、

後悔が残りますが、

リアルな内容にハマってしまう

中毒性があります。

気になる方は是非チェックしてみてください。

 

今回はシリーズのなかの

 

キモコワな彼女

~母性のない女~

 

から、「危険な水」という

アル中になって人生が崩壊した主婦の

恐過ぎるエピソードを紹介します。

 

⇒ハンディコミック

※「キモコワな彼女」で検索するとでてきます。

 

間違った心のよりどころ。

佐野ナルミさん(32歳)。

2人の女の子をもつ主婦です。

 

身長162センチ、体重37キロ

 

ナルミさんは4年前、

家庭環境のストレスを飲酒にぶつけその結果、

”アルコール依存症”

と診断されました。

 

ナルミさんはもともとお酒を飲むことが

好きでスナックで働いていました。

 

その店で当時、

雇われ店長をしていた

夫と結婚しました。

 

しかし、

 

夫の店は不況のあおりを受け、

経営不振でただ働き状態が続き、

ナルミさんの両親と同居し、

生活費を援助してもらっていました。

 

当時、長女の一美ちゃんは

もうすぐ小学校1年生の6歳、

次女の双葉ちゃんは3歳でした。

 

お酒は結婚後は

ほとんど飲むことがありませんでしたが、

夫がなかなか転職できない事への不満と、

いつまでも実家にいれないという

焦りと苛立ちをお酒を飲む事によって

そのストレスを解消していました。

 

そしてその量は

日を追うごとに増していったのです。

 

⇒無料試し読みはコチラ

 

普通になっていく飲酒。

そして、一美ちゃんの入学式に

出席している時でさえも、

出かける時にお酒を控えただけで

体がガタガタと震え、気分が悪くなり

携帯しているお酒を飲んでしまいます。

 

ナルミさんはこの時すでに

お酒を飲んでいないと離脱症状(禁断症状)

が出るようになり、

震え、吐き気、頭痛、イラつきや不安が

襲ってくるようになっていて、

1日中お酒を飲んでいる状態でした。

 

入学式もろく参加せず外でお酒を飲み、

嘔吐してしまい周囲の子供や父兄の注目を浴び、

一美ちゃんは幼いながらショックを受けるのでした。

 

その夜ナルミさんの夫と両親は話合い、

ナルミさんはアルコール依存症

だという結論に達し、医者に診せることにしました。

 

話し合いをしているとナルミさんが、

 

「みんなバカにして・・・ 

笑ってる・・・笑ってる・・・

酒・・・ 酒・・・」

 

と言うナルミさんを

必死で止めようとする

一美ちゃんを平手打ちし、

 

離脱症状による幻覚と

ケイレンを起こしその場で倒れてしまい、

そのまま病院へ運ばれてしまいます。

 

ナルミさんはアルコール依存症患者を

専門に扱う病棟に入院します。

 

がしかし、

この入院生活が引き金となり、

アルコールの魔の手は

さらに深いところまで

忍び寄ってくるのです・・・

 

⇒ハンディコミック

※「キモコワな彼女」で検索すると出てきます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。